石鹸・オイルなど

植物性オイルについて


オイル

植物性オイルについて
植物の代謝生産物である植物オイルは、原始の昔から私たち人間に必要不可欠なものとして扱われてきました。
植物オイルは、3つの脂肪酸とグリセリンが結びついたもので構成されています。また、各植物オイルの違いは、含まれる脂肪酸の種類や量などによるものとされています。その他に、脂肪微量成分(不鹸化物とも呼ばれます)を微量に含み、この成分の働きがオイルの有効性を発揮するのに関わっているいうことが最近では知られてきているようです。
脂肪酸の種類として代表的なものは、オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸、ヒマワリオイルなどに含まれるリノール酸、マカデミアナッツオイルに多く含まれるパルミトレイン酸や月見草オイルに多く含まれるガンマリノレン酸などがあげられ、それら様々な各脂肪酸は皮膚の保湿や再生、またはかゆみなどに有効と言われています。
また、脂肪微量成分はビタミン群やカロチノイド、レシチンなどの各成分があげられます。
植物オイルの抽出法については、大きくわけて2通りあります。一つは圧搾抽出法でもう一つは溶剤を使った抽出法です。ラ クッチーナの石鹸に使われているオイルは圧搾法で抽出された植物オイルで、用途に合わせて未精製のものと精製されたものを使っています。

各オイルの説明
 オリーブオイル ココナッツオイル パームオイル マカデミアナッツオイル 
 ヘーゼルナッツオイル ククイナッツオイル アボガドオイル ホホバオイル 
 月見草オイル ローズヒップオイル スイートアーモンドオイル 椿オイル  



■オリーブオイル
オリーブの実
オリーブ
地中海沿岸が主な産地で、ヨーロッパでは最もポピュラーなオイルといえます。ラ クッチーナの手作り石鹸にはイタリア産のエキストラバージンオイルだけを使用しています。酸化安定性が高く、保湿効果にも大変優れたオレイン酸を豊富に含んでいるオイルです。また天然保湿成分のスクワレンも豊富に含んでいます。良い石鹸にはかかせない定番のオイルです。

■ココナッツオイル
ココナッツの実
ココナツ
ココヤシからとれるココナッツオイルは、東南アジアが主な産地です。石鹸の泡立ちのためにはかかせないオイルですが、肌にとって刺激性のある脂肪酸も含んでいるのが特徴です。ラ クッチーナの手作り石鹸には、泡立ちのための必要量だけを配合しています。

■パームオイル
アブラヤシの実
パームの実
アブラヤシからとれるパームオイルは、東南アジアやアフリカが主な産地です。石鹸の硬さや溶け崩れを防ぐために配合されます。保湿のためのオレイン酸も適度に含んでいます。

■マカデミアナッツオイル
マカダミアナッツ
マカダミアナッツ
ハワイが主な産地のマカデミアナッツオイルは、皮膚の再生に大変重要なパルミトレイン酸を高濃度に含んでいます。パルミトレイン酸は、傷などの修復や老化防止効果のある脂肪酸といわれています。その他に、保湿や潤いのためのオレイン酸もたっぷり含んでいることから乾燥にもよいとされています。植物油の中では最も人の皮脂に近いので肌への浸透性が大変よいオイルです。

■ヘーゼルナッツオイル
ヨーロッパが主な産地のヘーゼルナッツオイルは、皮膚の再生を助けるパルミトレイン酸と保湿効果のあるオレイン酸を豊富に含んでいます。そのため、傷や湿疹の修復や日焼けで荒れた肌、老化防止肌、乾燥肌などに効果があるといわれています。皮膚への浸透性も高く、マッサージオイルとしても使われています。マカデミアナッツと大変良く似たオイルです。

■スイートアーモンドオイル
さやに覆われた実
アーモンドの実
アーモンドの実からとれるアーモンドオイルは、地中海沿岸とアメリカが主な産地です。保湿力に優れたオレイン酸や人の体内では合成されない脂肪酸のリノレン酸を豊富に含み、その上ビタミンB、Eなどの栄養分も豊富に含んでいます。大変軽い感触のオイルですが、皮膚の炎症、かゆみ、乾燥肌などによいといわれています。

■ククイナッツオイル
ククイナッツの木になる実からとれるククイナッツは、ハワイ原産です。人の体内では合成されないリノール酸とリノレン酸を豊富に含んでいます。皮膚の水分を守りながら肌に保護膜をつくりますが、毛穴を塞いだり皮脂腺の活動を妨げることがありません。肌への浸透性もすばらしく軽い感触のオイルです。日焼けなどのトラブル肌、湿疹、にきび、乾燥などに大変効果があるといわれている高価なオイルです。

■アボガドオイル
たくさんの実を付けるアボカド
アボカドの実
アボガドの種子からとれるアボガドオイルは、アメリカが主な産地です。保湿のためのオレイン酸を豊富に含み、その他人の体内では合成されないリノール酸やビタミンA、Eも豊富に含んでいます。乾燥肌や老化肌によいとされ、ブレンド用のマッサージオイルとしても用いられています。また、大変マイルドな石鹸になるためベビー用石鹸によく配合されています。
脱色精製された透明のものと精製されていない緑色のものがありますが、ラ クッチーナでは主に精製せれていない緑色のものは過剰油脂として、精製済みのものは石鹸生地の材料としてたっぷりと配合しています。

■ホホバオイル
メキシコやアメリカ南部が主な産地のホホバオイルは、ホホバの灌木になる実からとれる上質な植物性液体ろうです。皮膚になじみやすくさらりとした伸びの良い感触で、皮膚の水分を守りながら皮膚呼吸を妨げません。また、皮脂の過度の分泌も抑えるともいわれ、脂性肌から乾燥肌までどんな肌質や髪質の方にもお使いいただける上質な液体ロウです。
ラ クッチーナでは、過剰油脂としてではなく、取り扱っている全ての石鹸生地にたっぷりと配合しています。

■月見草オイル
月見草の花
月見草の花
アメリカ、カナダ、イギリスなどが主な産地の月見草オイルは、イブニングプリムローズとしても知られています。その最大の特徴は人の体内では合成されないガンマリノレン酸を豊富に含んでいることです。このガンマリノレン酸は皮膚細胞にとって不可欠な脂肪酸で、炎症やかゆみを抑え、ホルモンの分泌を整える上に保湿作用にも大変優れているとされています。また、アトピー性皮膚炎はこのガンマリノレン酸の不足が原因ともいわれています。湿疹や乾燥によるかゆみ、老化、乾燥肌などによいとされている高価なオイルです。

■ローズヒップオイル
ローズヒップ(野バラの実)
ローズヒップ
バラ科の植物の実の内部にできる種子からとれるローズヒップオイルは、南米が主な産地です。人の体内では合成されないリノール酸とリノレン酸をバランス良く含み、その中でもアルファリノレン酸は皮膚の炎症を抑え、細胞再生作用があるとして注目されています。そのため老化防止用のマッサージオイルとして、またはシミやしわなどの肌の老化防止用のクリームの材料として幅広く使用されている高価なオイルです。

■つばきオイル
日本を代表するつばきオイルは、つばきの種を搾ったオイルです。オリーブオイルに大変よく似たオイルですが、オリーブオイルよりも多くオレイン酸を含み、さらにそれよりも酸化安定性が高いオイルです。オレイン酸を高濃度に含みますので保湿力に優れ、日本では昔から様々な用途に愛用されてきたオイルです。

カレンダー
  • 今日
  • 沖縄店定休日
  • 那覇店定休日

定休日について:実店舗の定休日となります。ネットショップでの注文は受け付けておりますが、発送業務はお休みです。

☆新規会員登録で
 100ポイントプレゼント☆

石鹸工房ラクッチーナの最新の情報をお届けします!
新商品はもちろん、オンラインショップ限定のキャンペーン情報なども、イチ早くお届け!

変更・解除・お知らせはこちら

ネコポス発送のご案内

ネコポス

facebookはこちらから。


あんしんクレジットカード決済システム

ラクッチーナの石鹸は、
化粧品製造販売業の認可を受けて製造されている化粧石鹸です。

ショップのご案内

沖縄市にあるラ クッチーナ パークアベニュー店のご案内
工房もこちらにあります



那覇国際通り近くにある、ラ クッチーナソープブティックのご案内

新シリーズ商品の紹介


Natural Amenities
Chill Out

VENUSTUS INC.

ページトップへ