石鹸・オイルなど

ラ クッチーナの石鹸について

 使っている材料 ご使用にあたって 保存方法 パッケージについて その他 ご注意 

ラ クッチーナの手作り石鹸

石鹸は油脂と水酸化ナトリウムが反応し固形になった洗浄剤です。
ラ クッチーナの石鹸は、コールドプロセスという熱を加えない製法でデリケートなオイルの成分を破壊することなく作られた、伝統的な地中海スタイルの手作り石鹸です。
この製法で作られた石鹸は、油脂の有効成分である脂肪酸がそのまま残り、また、製造工程中に自然発生するグリセリンという保湿成分を一切取り除いていないため、洗い上がりが大変しっとりとし、つっぱり感がありません。


<コールドプロセス法>

特別に熱を加えたりせず、油脂と水酸化ナトリウムの反応時に自然発生する低い熱だけを利用して作る方法です。もっとも伝統的な製法ですが、熟成期間が長いために大量生産には向きません。この方法では熱による脂肪酸の変質を防ぐことができるので、冷圧搾法で抽出された高品質の油脂を使った場合でも、デリケートな脂肪酸を残すことができます。
また、コールドプロセス法では石鹸の完成までには熟成期間が必要となりますが、ラ クッチーナではおよそ2ヶ月熟成させます。


<脂肪酸について>

脂肪酸とは油脂の主な構成成分ですが、脂肪酸の中には人間の体や肌に対して必要不可欠なものもあります。リノール酸やリノレン酸などは有名です。石鹸に含まれる脂肪酸は、水で洗い流した後も肌に残るため、石鹸には優秀な脂肪酸を含む油脂を使う必要があるのです。
この脂肪酸の中には、熱などにも比較的強い構造を持つものもありますが、デリケートで壊れやすい構造のものもあります。


<グリセリンについて>

グリセリンは空気中の水分を引き寄せる性質から、保湿剤として良く知られていますが、汚れを浮かせる洗浄剤でもあり、また傷やあかぎれなどの修復にも使われる肌にとっては大変良いものです。



手作り石鹸の材料

石鹸の材料には、バージンオリーブオイルを始めとする高品質な植物性油脂と水酸化ナトリウム、沖縄の天然水と海洋深層水をブレンドした水を使い、香り付けには天然の精油のみを使用しています。
ローズヒップオイルやホホバオイルなどの比較的高価なオイルも過剰油脂分(スーパーファット)として後から少量加えるのではなく、最初から石鹸素地へたっぷりと加えて作っています。
その他の材料は、主に自社または契約農家で栽培したハーブ類や植物を使用し、また自社調達ができないものは食用、化粧品グレードのものを使用しています。
合成界面活性剤、合成保存料、合成着色料は一切使用しておりません。
酸化しやすいオイルを使用した石鹸にはローズマリーから抽出した天然の酸化防止剤(ローズマリー抽出液)を配合しています。

ゴーヤや青パパイヤなどは、市場から直接仕入れた新鮮なものを一つ一つ丁寧に洗い、カットし、ジューサーにかけて濾したもの使っています。月桃は契約農家から仕入れたものを自社で乾燥加工し、煮出した煎出液を使っています。


<水酸化ナトリウムについて>

水酸化ナトリウムは石けん製造には不可欠なものです。苛性ソーダとしても知られる水酸化ナトリウムは劇物指定されている薬品ですが、その原料は塩で、さらにたどるとその原料は海水です。現在日本で食塩を作る時の一般的な方法であるイオン交換膜法で塩から作られます。油脂と水酸化ナトリウムは鹸化という反応を経て石鹸である脂肪酸塩に変化し、もとの水酸化ナトリウムの持つ性質は無くなり、安全なものへと変わります。


ご使用にあたって

手作り石鹸は、一般的に通常の石鹸に比べて泡が立ちにくいといわれています。
ラ クッチーナの手作り石鹸は、通常泡立ちのためだけに大量に配合される安いココナツ油を控え、より高品質な油脂を多く配合していますが、泡立ちはそれほど悪くありません。
それでももっとたくさんの泡立ちをお求めでしたら、市販の泡立てネットなどをお使い下さい。
また、表面に糸を引くねばり成分がでることがありますが、これはグリセリンですので品質には問題ありません。


保存方法

手作り石鹸は、空気中の水分を引き寄せる性質を持つグリセリン成分(お肌に水分を引き寄せる保湿成分となります)を多く含むため比較的溶けやすくなっていますので、ご使用後は石鹸を長持ちさせるため水をよく切り乾燥させて下さい
石鹸皿は、底が平らなタイプではなく、スノコのように底が開いている水切りのよいタイプのご使用をおすすめします。
プラスティックの底が平らな石鹸皿の場合、輪ゴムを横に3か所ほどかけると石鹸が直接下につかないので長持ちするようです。
また、開封後は、再熟成する場合を除いては、なるべく早く使いきって下さい。


パッケージについて

石鹸は基本的な熟成を経ても、それで熟成を止めるわけではありません。その後も熟成を続け、よりマイルドな石鹸になっていきます。その一方で精油などの香りは薄れ、使われている油脂は少しずつ酸化に向かいます。
通常、手作り石鹸は4週間の熟成期間を経た後は石鹸は十分に使用可能な状態にありますので、私たちはお客様のお手元に届けるまでは熟成を一時的に止めることによって鮮度を守りたいと考えます。
そのため、パッケージは真空パックとなっております。
開封後は、再熟成する場合を除いては、なるべく早く使いきって下さい。
再熟成する場合は、石鹸をパッケージから出して、風通しの良い涼しいところにおいて熟成させて下さい。
なお、ラ クッチーナの熟成期間は42日間~56日間となっています。


その他

製造工程のほとんどを全て手作業で行っているため石鹸の形や重さに微妙な違いがあります。また、皆様に安定供給できるように心がけておりますが、一回の生産量が現在のところ18kgですので、売切れの際は何卒ご了承ください。

周囲に白い粉がついている場合がありますが、これは乾燥した石鹸の粉です。品質には全く問題はありませんので、どうぞ安心してお使い下さい。


ご注意

ラ クッチーナの手作り石鹸は、薬事法上、正式に許可を受けた化粧石鹸です。
専用の工房で、熟練したスタッフの手により、厳しいチェックのもと丁寧に作られた石鹸ですが、万一異常が現れた場合は、すぐにご使用を中止して下さい。


植物性オイルについて


オイル

植物性オイルについて
植物の代謝生産物である植物オイルは、原始の昔から私たち人間に必要不可欠なものとして扱われてきました。
植物オイルは、3つの脂肪酸とグリセリンが結びついたもので構成されています。また、各植物オイルの違いは、含まれる脂肪酸の種類や量などによるものとされています。その他に、脂肪微量成分(不鹸化物とも呼ばれます)を微量に含み、この成分の働きがオイルの有効性を発揮するのに関わっているいうことが最近では知られてきているようです。
脂肪酸の種類として代表的なものは、オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸、ヒマワリオイルなどに含まれるリノール酸、マカデミアナッツオイルに多く含まれるパルミトレイン酸や月見草オイルに多く含まれるガンマリノレン酸などがあげられ、それら様々な各脂肪酸は皮膚の保湿や再生、またはかゆみなどに有効と言われています。
また、脂肪微量成分はビタミン群やカロチノイド、レシチンなどの各成分があげられます。
植物オイルの抽出法については、大きくわけて2通りあります。一つは圧搾抽出法でもう一つは溶剤を使った抽出法です。ラ クッチーナの石鹸に使われているオイルは圧搾法で抽出された植物オイルで、用途に合わせて未精製のものと精製されたものを使っています。

各オイルの説明
 オリーブオイル ココナッツオイル パームオイル マカデミアナッツオイル 
 ヘーゼルナッツオイル ククイナッツオイル アボガドオイル ホホバオイル 
 月見草オイル ローズヒップオイル スイートアーモンドオイル 椿オイル  



■オリーブオイル
オリーブの実
オリーブ
地中海沿岸が主な産地で、ヨーロッパでは最もポピュラーなオイルといえます。ラ クッチーナの手作り石鹸にはイタリア産のエキストラバージンオイルだけを使用しています。酸化安定性が高く、保湿効果にも大変優れたオレイン酸を豊富に含んでいるオイルです。また天然保湿成分のスクワレンも豊富に含んでいます。良い石鹸にはかかせない定番のオイルです。

■ココナッツオイル
ココナッツの実
ココナツ
ココヤシからとれるココナッツオイルは、東南アジアが主な産地です。石鹸の泡立ちのためにはかかせないオイルですが、肌にとって刺激性のある脂肪酸も含んでいるのが特徴です。ラ クッチーナの手作り石鹸には、泡立ちのための必要量だけを配合しています。

■パームオイル
アブラヤシの実
パームの実
アブラヤシからとれるパームオイルは、東南アジアやアフリカが主な産地です。石鹸の硬さや溶け崩れを防ぐために配合されます。保湿のためのオレイン酸も適度に含んでいます。

■マカデミアナッツオイル
マカダミアナッツ
マカダミアナッツ
ハワイが主な産地のマカデミアナッツオイルは、皮膚の再生に大変重要なパルミトレイン酸を高濃度に含んでいます。パルミトレイン酸は、傷などの修復や老化防止効果のある脂肪酸といわれています。その他に、保湿や潤いのためのオレイン酸もたっぷり含んでいることから乾燥にもよいとされています。植物油の中では最も人の皮脂に近いので肌への浸透性が大変よいオイルです。

■ヘーゼルナッツオイル
ヨーロッパが主な産地のヘーゼルナッツオイルは、皮膚の再生を助けるパルミトレイン酸と保湿効果のあるオレイン酸を豊富に含んでいます。そのため、傷や湿疹の修復や日焼けで荒れた肌、老化防止肌、乾燥肌などに効果があるといわれています。皮膚への浸透性も高く、マッサージオイルとしても使われています。マカデミアナッツと大変良く似たオイルです。

■スイートアーモンドオイル
さやに覆われた実
アーモンドの実
アーモンドの実からとれるアーモンドオイルは、地中海沿岸とアメリカが主な産地です。保湿力に優れたオレイン酸や人の体内では合成されない脂肪酸のリノレン酸を豊富に含み、その上ビタミンB、Eなどの栄養分も豊富に含んでいます。大変軽い感触のオイルですが、皮膚の炎症、かゆみ、乾燥肌などによいといわれています。

■ククイナッツオイル
ククイナッツの木になる実からとれるククイナッツは、ハワイ原産です。人の体内では合成されないリノール酸とリノレン酸を豊富に含んでいます。皮膚の水分を守りながら肌に保護膜をつくりますが、毛穴を塞いだり皮脂腺の活動を妨げることがありません。肌への浸透性もすばらしく軽い感触のオイルです。日焼けなどのトラブル肌、湿疹、にきび、乾燥などに大変効果があるといわれている高価なオイルです。

■アボガドオイル
たくさんの実を付けるアボカド
アボカドの実
アボガドの種子からとれるアボガドオイルは、アメリカが主な産地です。保湿のためのオレイン酸を豊富に含み、その他人の体内では合成されないリノール酸やビタミンA、Eも豊富に含んでいます。乾燥肌や老化肌によいとされ、ブレンド用のマッサージオイルとしても用いられています。また、大変マイルドな石鹸になるためベビー用石鹸によく配合されています。
脱色精製された透明のものと精製されていない緑色のものがありますが、ラ クッチーナでは主に精製せれていない緑色のものは過剰油脂として、精製済みのものは石鹸生地の材料としてたっぷりと配合しています。

■ホホバオイル
メキシコやアメリカ南部が主な産地のホホバオイルは、ホホバの灌木になる実からとれる上質な植物性液体ろうです。皮膚になじみやすくさらりとした伸びの良い感触で、皮膚の水分を守りながら皮膚呼吸を妨げません。また、皮脂の過度の分泌も抑えるともいわれ、脂性肌から乾燥肌までどんな肌質や髪質の方にもお使いいただける上質な液体ロウです。
ラ クッチーナでは、過剰油脂としてではなく、取り扱っている全ての石鹸生地にたっぷりと配合しています。

■月見草オイル
月見草の花
月見草の花
アメリカ、カナダ、イギリスなどが主な産地の月見草オイルは、イブニングプリムローズとしても知られています。その最大の特徴は人の体内では合成されないガンマリノレン酸を豊富に含んでいることです。このガンマリノレン酸は皮膚細胞にとって不可欠な脂肪酸で、炎症やかゆみを抑え、ホルモンの分泌を整える上に保湿作用にも大変優れているとされています。また、アトピー性皮膚炎はこのガンマリノレン酸の不足が原因ともいわれています。湿疹や乾燥によるかゆみ、老化、乾燥肌などによいとされている高価なオイルです。

■ローズヒップオイル
ローズヒップ(野バラの実)
ローズヒップ
バラ科の植物の実の内部にできる種子からとれるローズヒップオイルは、南米が主な産地です。人の体内では合成されないリノール酸とリノレン酸をバランス良く含み、その中でもアルファリノレン酸は皮膚の炎症を抑え、細胞再生作用があるとして注目されています。そのため老化防止用のマッサージオイルとして、またはシミやしわなどの肌の老化防止用のクリームの材料として幅広く使用されている高価なオイルです。

■つばきオイル
日本を代表するつばきオイルは、つばきの種を搾ったオイルです。オリーブオイルに大変よく似たオイルですが、オリーブオイルよりも多くオレイン酸を含み、さらにそれよりも酸化安定性が高いオイルです。オレイン酸を高濃度に含みますので保湿力に優れ、日本では昔から様々な用途に愛用されてきたオイルです。

精油について


精油(エッセンシャルオイル)について
精油とは?について日本アロマテラピー協会の出版物に的確な文章がありますので、そちらを記載します。

精油は植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。
                    日本アロマテラピー協会(精油の定義)

ラ クッチーナでは、精油は人間の心と体と精神、その他ライフスタイルなど様々な事に関連しながら用いる事が可能でありまた有効なものと考えます。最も昔の人類の治癒体験にその原形がみられるといわれていることから、人間と植物の強い共生関係から生まれたものと思います。
ラ クッチーナの石鹸の香り付けには、植物の恵みの精油のみを使用しています。

各精油(エッセンシャルオイル)の説明
 イランイラン スイートオレンジ サイプレス シトロネラ ジュニパーベリー  
 ゼラニウム パチュリ ペパーミント ラベンダー レモングラス ローズウッド 
 ローズマリー クラリセージ シダーウッド ジンジャーグラス ベルガモット  
★この他のオイルについては、次回からの更新になります。どうぞお楽しみに!



■イランイラン精油
イランイランの花

抽出部分:花
香り:フローラルでエキゾチックな甘く濃厚な香り

「花々の中の花」という意味で知られるイランイランからとれるこの精油は、かつてはココナッツ油に混ぜて髪の手入れに使われていたそうです。またインドネシアでは新婚カップルのベッドにこの花をまき散らすという美しい習慣があるそうです。心に対してはパニックやショックを和らげる作用があるといわれています。

■スイートオレンジ精油
抽出部分:果皮
香り:柑橘系の甘くリフレッシュするオレンジの香り

この精油は、精神的な効果で知られる精油です。気分を明るくし、リフレッシュさせる効果があるといわれています。ギリシャ神話の女神アフロディーテに捧げられた「黄金のリンゴ」はこのオレンジだったそうです。

■サイプレス精油
抽出部分:葉と球果
香り:ウッディーでややスパイシーなすっきりとしたリフレッシュする香り

男性用の香水に使われることが多いこの精油は、苛々や怒りを和らげ、精神を浄化するといわれています。また、デオドラント効果があることから、汗をかく季節に大変重宝します。南仏のプロバンス地方では、サイプレスの木がある家は幸福になれると伝えられ、多くの家にこの木が植えられているそうです。

■シトロネラ精油
抽出部分:葉
香り:軽い甘さがあるレモンのような香り

昆虫忌避の効果で知られるシトロネラは、デオドランド作用や消毒作用でも有効とされています。現在でも、石鹸や消毒剤などに幅広く利用されています。また、心をすっきりとさせ、憂鬱気分を明るくさせるともいわれています。

■ジュニパーベリー精油
ジュニパーベリー

抽出部分:液、実
香り:ウッディー調ですっきりとしたリフレッシュする香り

精神を明敏するといわれ、また殺菌・消毒作用の他、浄化作用や解毒作用もあるので空気を浄化する働きがあるされ、フランスの病院ではこのジュニパーの木と同じ作用のあるローズマリーががたかれていたそうです。また、ジンの風味づけに使われていることで有名です。

■ゼラニウム精油
ゼラニウムの花

抽出部分:花と葉
香り:フローラルで少しバラの香りに似た香り

昔から傷薬として使われ、また、皮脂腺のバランスを保つことからすべての肌タイプに有効とされています。その他にも、不安や憂鬱な気分を和らげ明るく高揚させる働きがあるといわれています。

■パチュリ精油
抽出部分:葉
香り:土の香りを思わせるエキゾチックでなつかしいく、ややスパイシーな香り

気分を安定させ、客観的に物ごとに取りこめる精神を作りという働きがあるといわれています。この精油は、オリエンタルな香水の保留剤としても使われ、60年代にはサンダルウッドやジャスミンと並んで大流行したそうです。その他、皮膚の細胞と再成長などを助ける作用があるといわれています。

■ペパーミント精油
ペパーミントの葉

抽出部分:葉と花
香り:メントールの香り

この香りは、古代ギリシャやローマ時代に勇気と活力の象徴と考えられていたそうです。またローマ人は、このハーブの解毒作用を知っていたので宴会の席でこのハーブで作った冠を漬けていたそうです。この精油には、精神的な疲労や憂鬱な気分を和らげる作用があるといわれています。その他、鼻詰まりなどにも有効なのは、皆様も経験があるのではないでしょうか。

■ラベンダー精油
プロバンスのラベンダー

抽出部分:葉と花
香り:ウッディー調のフローラルで爽やかな香り

肌タイプを問わず、どんな肌質にも有効な万能なハーブとされ、エリザベス朝の時代から人気が高かったそうです。また、精神を安定させる働きもあり、不眠症などにも有効とされています。その他、昔から防虫効果もありタンスや引き出しなどにも用いられていたそうです。

■レモングラス精油
抽出部分:葉と茎
香り:甘さがあるレモンのような香り

lレモングラスは、インドで数千年にわたり人々に愛されてきた植物です。精神的な疲労を和らげ心のわだかまりを取り去る作用があるといわれ、また皮膚には張りを与え、毛孔を引き締める働きがあるといわれています。

■ローズウッド精油
抽出部分:木部
香り:ウッディーでフローラル、ややスパイシーな甘い香り

バラの香りがするローズウッドの木はフランスで飾り棚やブラシ、ナイフの柄を作るのに利用されてきました。近年ではブラジルが主な産地になっていますが、人気のため伐採がすすみ今では一本伐採する度に、新しい苗木を植えることが義務づけられているそうです。この精油は、精神疲労や気分が滅入ったときに気持ちを明るくさせて元気付ける働きがあるといわれています。また、皮膚組織を更新させる働きもあるといわれています。

■ローズマリー精油
花をつけたローズマリー

抽出部分:葉と花
香り:クリアでリフレッシュするよなすっきりとしたハーブ系の香り

古代エジプトの時代からこのハーブは使われ、ギリシャ人とローマ人もこのハーブを復活の象徴としていたそうです。殺菌消毒作用のほか、気分が滅入ったり、精神的な疲労を和らげる働きがあるといわれています。また、若返りの水で知られるハンガリーウオーターでも大変有名な精油です。

■クラリセージ精油
抽出部分:葉と花
香り:ハーブ調で重く甘い感じの香り

かつては、「キリストの目」と呼ばれ、目を正常にする働きがあることでちゅうもくされてきました。その他、パニック状態や落着きがない状態を和らげ、心をリラックスさせる働きがあるとされ、その香りから感じる充実感と幸福感は大変人気があります。

■シダーウッド精油
抽出部分:木部
香り:ウッディーでややサンダルウッドを思わせるような香り

最も古い時代から寺院での薫香として使用されてきた香料の一つで、鎮静と緩和の両作用があり、緊張や不安を和らげる働きがあるといわれています。また収斂と殺菌作用を備え、脂性肌には大変効果的な精油ともいわれています。

■ジンジャーグラス精油
抽出部分:葉
香り:ややバラを思わせる甘くフローラルで軽い香り

パルマローザはモティアとソフィアの2種類からとれますが、このジンジャーグラスはソフィアからとれるパルマローザの一種です。心を落ちつかせ、気分を明るくさせる働きとともに心をリフレッシュさせる働きがあるともいわれています。

■ベルガモット精油
抽出部分:果皮
香り:オレンジやレモンに似たややフローラルでリフレッシュする香り

この精油の名前の由来は、この木が最初に伐採されたイタリアの小都市ベルガモの名にあるそうです。心をリフレッシュさせる働きがあるといわれています。ベルガプテンという成分を含むため使用後の日焼けには注意が必要です。ラ クッチーナでは、ベルガプテン成分を取除いた精油を使用しています。

沖縄の素材について


沖縄の材料
沖縄では、この地方に自生する独特の植物を古くから生活に用いてきました。よもぎはフーチバと呼ばれ、月桃はサンニンと呼ばれ、苦瓜はゴーヤという名で様々な民間療法や食卓で親しまれてきました。パパイヤというと果肉がオレンジ色の南国の果物を想像しますが、ここ沖縄ではパパイヤといえばその熟す前の青いパパイヤを炒めて食します。また、月桃の葉は、防腐効果があるため、お餅を包むものとしても有名です。よもぎもこちらの炊込みご飯(ジューシー)の材料として現在でも大変ポピュラーです。その他、鬱金もお茶にしたり、すり下ろしたりして幅広く日常的に利用されています。

パパイヤ
パパイヤ

それら沖縄に自生してきた植物には、この沖縄の気候で育った特性があります。沖縄は、皆様もご存知のように亜熱帯気候に属します。そのため、年間を通して気温が高く湿気を帯びた地域です。草花は1年中衰えず、昆虫や動物などの生き物の活動期間も長い地域でもあります。

そんな気候の中、ここ沖縄に生息する植物は、強い紫外線に耐え、様々な虫から身を守る術を身に付けてきました。紫外線に耐えるため葉緑素を蓄え、虫から身を守るため殺菌・消毒作用などを持つ成分を自らの中に作り出しています。

月桃の花
月桃の花

人間と植物は古くから共生し、お互いなくてはならない関係を結んできました。この沖縄に育つ植物も同様に、沖縄の人々にさまざまな恩恵を与えてきました。ラクッチーナでは、その沖縄の新鮮な植物を石鹸の材料として使い、その良さを生かした商品を開発し皆様にご紹介していきます。

カレンダー
  • 今日
  • 沖縄店定休日
  • 那覇店定休日

定休日について:実店舗の定休日となります。ネットショップでの注文は受け付けておりますが、発送業務はお休みです。

☆新規会員登録で
 100ポイントプレゼント☆

石鹸工房ラクッチーナの最新の情報をお届けします!
新商品はもちろん、オンラインショップ限定のキャンペーン情報なども、イチ早くお届け!

変更・解除・お知らせはこちら

ネコポス発送のご案内

ネコポス

facebookはこちらから。


あんしんクレジットカード決済システム

ラクッチーナの石鹸は、
化粧品製造販売業の認可を受けて製造されている化粧石鹸です。

ショップのご案内

沖縄市にあるラ クッチーナ パークアベニュー店のご案内
工房もこちらにあります



那覇国際通り近くにある、ラ クッチーナソープブティックのご案内

新シリーズ商品の紹介


Natural Amenities
Chill Out

VENUSTUS INC.

ページトップへ